≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リニューアルオープンしましたw

さて、気がつけば、なんと、4年間も放置プレイされていたこのブログ。。。(^▽^;A

しかも、立ち上げてからupした記事が、わずか27件、3ヶ月。
なんで、更新が止まったんだか?

記憶が定かじゃ、ございません。。。A--*)

この度、もうひとつ運営するブログ、”Corazon-Nadeshiko”の、サテライト・ブログとして、
リニューアルオープンさせました、「Moonlight Cafe」

大好きなお月様の灯りの元、お家で見たDVDやら、好きな音楽やらについて、
まったりと、徒然におしゃべりしていきたいと思います。

気軽に、コーヒーでも飲みながら、ゆっくり遊んでいって下されば、幸いです

”Cafe”とは、名ばかりで、
実際、コーヒーを入れて差し上げることは、出来ませんが。(^▽^;A
そんな”スペース”に、なれるよう、頑張りますw

Corazon-Nadeshiko共々、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。


Bailarinajp

スポンサーサイト

| おしゃべり/コラム | 20:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DANCE WITH ME

DANCE WITH ME
◆公開◆1998年
◆キャスト◆ヴァネッサ・ウィリアムズ、チャヤン、クリス・クリストファーソン
◆監督◆ランダ・ヘインズ
◆上映時間◆126分




◆ストーリー&解説◆amazon.co.jpより抜擢。

熱いサルサのリズムとラテンダンスが体を熱くする秀逸なダンシングムービー。実の父親に会うためキューバからアメリカにやってきたラファエル(チャヤン)。彼は亡き母の友人で、父親かもしれないジョン(クリス・クリストファーソン)が経営する社交ダンス教室に勤めるようになり、インストラクターのルビー(ヴァネッサ・L・ウィリアムズ)に恋をする。が、彼女はなかなか心を開かない。

踊りで恋の情熱を表現するのがダンスムービーの定番だが、この映画はそこを一歩深め、心の行き違いや意地の張り方など細かな心理描写までダンスで表現。ヒロインのルビーが心の殻を破り、ラテンダンスに目覚めるシーンは絶品だ。プエルトリコの大スターであるラファエル役のチャヤンは、ウィリアムズを超えるカリスマ性とダンスで魅了している。チャヤンと組んでダンスを披露した『アリー・myラブ』でおなじみのジェーン・クラコワスキーも素晴らしい。(茂木直美)


この映画と出会ったのは、公開されてから4年後の02年の秋。

トム・クルーズ、ビラッド・ピット、ジョニー・デップ、クリスチャン・ベールなど等など。。。
ハリウッドの総々たる、二枚目、おとこ前俳優達を、こともなく掻き分け、
私の心の中に、すっと入って来た、ひとりの男。。。

ラファエルを演じた、Chayanne(チャヤン)。
私の人生が、大きく変わった瞬間だった。。。



≫ Read More

| 作品タイトル た行 | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リベリオン Equilibrium

middle_1118732025.jpg
◆公開◆2002年
◆キャスト◆クリスチャン・ベール、エミリー・ワトソン、ショーン・ビーン
◆監督◆カート・ウィマー
◆上映時間◆107分




◆ストーリー◆amazon.co.jpより抜擢。

第三次世界大戦後、生き残った人間たちは人類の滅亡を防ぐために、感情を徹底的に抑制した世界を構築。本や美術品、音楽など感情を揺さぶる物は一切禁止、さらに感情を抑える薬の使用を義務づける。それでも出てくる反乱者は、“ガン=カタ”と呼ばれる戦闘術を習得した“クラリック”によって始末されていた。

だがクラリックのプレストンは、ある女性との出会いから感情に目覚め、自分の任務や社会に対して疑問を抱き始める。。。(横森 文)

 
かのマトリックスシリーズ第一作の公開が1999年、
当時、マトリックスの総パクリだと甘く考えて食指が動かなかった・・・。

だって、ちらっと見たって、服のデザイン、一緒なんだもん。

先日、スカパーでたまたま放送され、暇つぶしがてら見たつもりが。。。




≫ Read More

| 作品タイトル ら行 | 21:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

M:I:Ⅲ ~ Mission: Impossible III ~

Mission: Impossible III
◆公開◆2006年
◆キャスト◆トム・クルーズ、ヴィイング・レームズ、フリップ・シーモア・ホフマン、ローレンス・フィッシュバーン、ミシエル・モナハン、ケリー・ラッセル、
◆監督◆J・J・エイブライムス
◆上映時間◆126分



◆ストーリー◆amazon.co.jpより抜擢。

トム・クルーズの当たり役、諜報組織「IMF」のエージェント、イーサン・ハントが活躍するシリーズ第3弾。スパイの裏技を楽しめた1作目、アクションで圧倒した2作目という前作両方の長所を活かし、総合的にシリーズで最もおもしろい仕上がりになっている。現役を退き、教官となっていたイーサンだが、教え子が捕らわれたことでミッションに参加。救出に失敗した彼は敵のボスをつかまえるが、逆に自分の愛する者を人質にとられるきっかけを作ってしまう。(斉藤博昭)

 
トム・クルーズ、好きな人ぉ~?!」
と、言って、石を投げれば当たるほどいるファンのひとりですw
んー、でも、「結婚したいなぁ~」と、ゆう程ではない。

私が、もし生まれ変わったら、結婚したいと思う人は、ただひとりっ!!!
ええ。そうです ”あの方”ですわっ!(´▽`*)人

と言いながら、トム・クルーズを見るたび、
浮気に走ってしまう人妻の気分になるのは、何故だろう。。。A--*)



≫ Read More

| 作品タイトル ま行 | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海猿シリーズ

今回は、ちょっと趣向をかえて、邦画ですw
私的に、大っ好きな邦画!!

4988013098947.jpg
海猿」は2003年夏に公開された。
原作は佐藤秀峰・原案取材小森陽一による、小学館週間ヤングサンデーに連載された漫画である。2005年7月からTVシリーズが放送され、シリーズ最終章として、2006年5月、「LIMIT OF LOVE 海猿」として再び映画化された。映画→ドラマ→映画と、異例の形を取り、尚且つシリーズを通して大ヒット作となった。海上保安庁で潜水士として人命救助にあたる仙崎大輔(伊藤英明)を主人公に、海難事故とゆう壮絶な現場で人命救助にあたる潜水士達の活躍を描く。

main.jpg
2005年に海猿 UMIZARU EVOLUTION」としてTVシリーズになった時、毎週釘付けで見たもんです。撮影には海上保安庁が全面協力し、VFX、CGが駆使され、TVドラマとしても、今までにはなかった迫力とリアリティを追求し、最高のクオリティだった。これまでの日本TVドラマ界で、これだけの逸作は滅多にないだろう。

poster1.jpg
昨年、最終章「LIMIT OF LOVE 海猿は、アメリカでも公開されたが、
仙崎(伊藤英明)が、海に沈みゆく逼迫した救助現場から恋人のカンナ(加藤あい)へ 電話でプロポーズをするシーンで、「んなわけなかろう!」と、失笑をかい、あまり良い評価はされなかったらしいが、今月2月10日全国一斉公開されるケビン・コスナー主演の『守護神』は、どうもこの『海猿』とかぶっているような気配がプンプンとするのだが、気のせいだろうか。。。



ケビンの『守護神』が、果たしてどれだけヒットするかは別として、
やはり、「人と人との絆」とか、守るべき者、救うべき者の為に、果敢に厳しい現場へ挑んで行く男達の姿は、
洋の東西を問わず、いつ見ても、深く感動してしまう。

何があっても、その”命”をあきらめない、
そして、誰かを信じる事を教えてくれる。
タネも仕掛けもないベタベタなストーリー。”直球勝負”だからこそ、たまらなく熱く胸に響く。
感動に身をゆだね、熱く泣なけたら、これまた、たまらない爽快感が残る。
久々に邦画界も捨てたもんじゃないと、救われた逸作だった。

機会があったら、多くの方に、是非、映画、テレビドラマと、シリーズ通して見て頂きたい作品です。












| 作品タイトル あ行 | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。